聴くだけヒアリングのお申し込みはこちら

認知行動療法とは

認知行動療法というのは

カウンセラーと一緒に「認知の仕方」を確認し、
その上で、
今までの認知の仕方を今後も継続してゆくか、
継続してゆくのをやめてみるか、
イメージして、試してみる。

その結果、
気分が軽くなったり、
何か新しいことをやり始めることが
できるようになる方法のことです。

認知行動療法の効果

認知行動療法は,うつ病や、不安症に対する有効性が科学的に確認されています。

また、

摂食障害・統合失調症の症状や、パーソナリティ障害などに対する認知行動療法の効果も、

いくつもの臨床試験を通して実証されてきています。

うつ病治療の現場では、クライエントのうつ病の原因となる認知=マインドセットが特定でき、

クライエント自身がご自身の認知の歪みを理解したことにより、

すぐに、うつ病の症状が改善したという事例も多く見られています。

通常は、3ヶ月から1年程度の薬物療法が必要と言われているのに、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です